商売人として成果を出すためにはこの2つに集中すること

商売人としてこの2つに集中すること

結局のところ商売を成りたたすためには、お客様から選ばれなくてはなりません。

そのためお客様から選ばれること以外の行為は、営業という考えからすると無駄な行動になります。
営業は、商品成約までお客さんも連れてくること。

そのため商売人として営業を行う者として、成約設計をするために、この2つに集中をしていきましょう。

1、成約を前提として行動をする。つまり最終的な成約と関係のない行動はなるべく避ける。意味がないから。

2、その成約設計がその企業やその経営者、もしくはその企業の人たちに合っているかどうか。
適応できるのかを見極める。

結局のところどんなに優れた成約設計であったとしても、その企業やそこの人たちに合わなければ結局成り立ちません。

例えば、子供が生まれた親の世代を応援する家について相談をしているハウスメーカーがあったとします。
チラシ、CMの打ち出し方は、
どうやったら家族が円満になれるような家づくりができるのかということを謳っていたとしましょう。

しかし、そこのハウスメーカーに行ってみたら、相談もせず、いきなり契約を迫られてしまったら、話が違うとなってしまうでしょう。

成約設計というのは、1番最後の部分と表面の告知の部分が一気通貫した話になっていたいと却ってお客様からの信用を失います。

単に表面だけを取り作れば良いと言うことではありません。 その企業やそこにいる人たちに、適用できるのかどうか。

それを考えた上で制約を前提として行動を作り上げていく。 これが最終的にお客様から信頼していただく時にとても重要な要素になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です