ウェブ版売り込まないマーケティング戦略の為の3つのポイント

SEOマーケティング

ウェブをより使いこなすには

そもそもウェブを有効活用するにはどうすればいいのか?

検索対策(SEO)サーチエンジンに対する最適化の知識は商売でインターネットを使うには必須です。

ただこの最適化は、業者に丸投げするよりはあなた自身が、良質なコンテンツを作り込んでいかなければ効果を発揮できない。
あるアメリカの企業が、ブログを書いてもらうためのライターを外注したところ、効果は出なかった。

しかし、自分たちがコンテンツを作ると3ヶ月、遅くとも半年で効果出たようだ。効果は売り上げベースで2倍3倍以上を達成。

(ただし検索引っかかるための最低限のテクニックが必要ですが)
 
 
中身のあるコンテンツ。さらに付け加えると、中身があってGoogleから歓迎されるコンテンツを揃えるという事。
 
Googleから歓迎されるコンテンツを揃える理由は、検索エンジンのシェアの9割方はGoogleなので、Googleに選ばれるような、中身が充実したコンテンツを作っていく必要がある。
 
 
 
ただ今の若者世代、中学生、高校生あたりに話を聞くと、Googleを使っていない。だからこれからのウェブ対策は、Googleではないとおっしゃる方がいますが、それは単にTwitter、ピンタレスト、Instagramなどにとって代るだけ。
 
要するにウェブ上の最適化がGoogleでされているか、
他のSNSやWEBコンテンツでされているかの違いでしかありません。

 


 
 
安部はネットの有効活用ネットの最適化O2O(オンライン×オフライン)を手がけながら行っています。
 
単純にネットだけ、リアルだけよりも、これら2つを組み合わせることによって、相乗効果を生み出し
より商売のエンジンを加速させることができる。

商売でウェブをさらに有効活用する3つのポイント

 

ウェブを商売でさらに有効活用するには、
以下の3つのポイントを掛け合わせるといいでしょう

①WEBの最適化 ②トレンドの活用 ③O2O(オンライン×オフライン)を考える

 
ウェブの最適化+トレンドの活用+O2O(オンライン×オフライン)の複合パターンがかなり強力的です。

理由として、

 
ウェブだけで完結させることができるし
ウェブからリアルに人を連れてくることもできる。
 
 
ウェブは今まで出会える可能性がなかった人たちと繋がれる可能性がある。
さらに、その人たちをリアルで持ってきたときに、O2O(オンライン×オフライン)リアル店舗や営業の経験、蓄積、対応力があるととても強い。
(それは私が安部を見て凄く実感するところ。リアルの対応力が店舗経験者は強力です)
 

ウェブで良質なコンテンツを作り、アクセス数がそのジャンルの1番2番となってくると、だんだん問い合わせ件数も増えてくる。
 
そこからリアルに会ってお話をしたりすると驚くべき話がある。きっかけはウェブだが、そこからのリアルの広がりが、思いがけない良い展開になったりもする。
 
 
もう考えるとウェブでの活動、いかに検索に引っかかさせるかという事は価値がある。あるが、その割には過小評価されている。
 
ただこれは投入した時間や労力の回収は容易だと考えています。ウェブがきっかけのリアル展開ででも回収可能です
集客力のあるウェブサイトですと、アフィリエイトをすることも可能だからです。
 
 

良質なコンテンツを作る方法

人海戦術で誰かと会って話をして、実際に会った人が感銘を受けるところを、そのポイントをそのままブログで書くのは非常に有効です。
それが充実したコンテンツになります。

さらに、ウェブを使って何に人が多く興味を示すのかということも発見できるので
結論とするとウェブとリアルを複合させると、より良い商売のツインターボエンジンになるでしょう。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です