ページは全部作ってから公開か、随時公開したほうがいいのか

 

ホームページを制作していくときに、全ページをつくりあげた上で公開するべきか。 それともできたページを一つ一つバラバラに公開したほうがいいのか。

ホームページは、全ページを同時に作り上げて公開する、ということをイメージされるかもしれませんが、実は完成したページから随時公開して行ったほうが良いでしょう。(大企業は別ですが)

人事業主及び中小企業の場合、すべてのページをつくりあげた上で公開すると言うのは、作業工程上いつまでたってもホームページが公開できないと言うことに陥りやすい。

ホームページ作成の仙人の担当者がいないので、他の業務との兼任で受け持つために作業が後手後手に回ってしまうからだ。

完成したページから随時公開していくのは、データを取る速度が速くなる。 公開すると何らかの形で誰かしらがアクセスしてくる。

そのアクセスの傾向でそのホームページ制作を行う時に立てた目的理由や達成する目標に沿った形でホームページが稼働できているのか運用できているのか数多くのことが確認できる 。

どのくらいページ数を増やしていくのかページ数を増やす頻度によるが大体1ヵ月から3ヶ月ほどの期間で作ったホームページにどのような人が来てるのか傾向がつかめてくる。

これは公開して初めてわかることなのでいつまでもホームページを公開していないとその傾向もつかめない。

恵子が分かってこそ今後の改善昨夜運用の修正方法に生かすことができる。

さらに随時公開して行く勇としてはいちど公開してしまうとページ制作のスピード早めなければならなくなる

結果として作るホームページの制作スピードが上がるという事だ。

先に公開することによって制作子を先延ばしにしてしまうということが避けられる。 早く早く完成していかないと、恥ずかしい思いをしてしまう。

ホームページは全ページを完成させてから公開させるのではなく随時後悔した方が結果としてクオリティーも上がるし完成する速度も速くなると言うことだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る