【うちのサイトと、お客さんのサイトの改善を絞り出し中】

改善する時は、どんな結果を出したいか。どんな結果が出ているか。 両方踏まえた上で改善案を出していきます。

改善案を出す時は、どの目的を達成したいのかを羅列し。 どのくらい達成したいのかと、実際にどのようなことになったのかを書いていく。

それとGoogleアナリティックスを調べて、毎週毎月どのくらいの数字が出ているのかを「手書き」で書いていく。

Excelではなくて手書き。 パソコン上で数字だけ載せて、計算したほうが速度は速いが。この記録をつける1番の理由は、「改善案」を作りたいから。

改善案は手書きで、紙を使って手で書いているときにポッと浮かびやすい。 自分はデジタルに慣れているっちゃ慣れていますが、携帯電話を扱い出したのは中学生の終わり頃だし、その後でも記録をしたり書物をするときは紙だった。

だから何かの発想を浮かべたり、考え事をする時は、紙の方が良いということで、このスタイルでやってます。

今日も昼からお客さんのところに行ってきましたが、その時に案を出したのですが、その案は紙に書いて記録をつけている時に思い浮かんだもの。

Excelで記録をしているときにはこの発想が出ない。 多分Excelが悪いんじゃなくて自分の脳みその使い方が、リアルの紙に合わせちゃっているからでしょうね。

これは、市村に言われたのですが、
市村「山ちゃん、ウェブの人なのに紙を使うんだね」

私「紙を使ってイメージを作った後にウェブて清書したほうがいいものができるし、手っ取り早いからね(あ、イッチー、そう思うんだ)

ウェブで何か作る人が、紙を使ってるって特殊に見えるらしい。なのだそうだ。

紙が大好きウェブマスター
山崎裕之

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る