Googleアナリティクスでは、ここをまず見て

ホームページから問い合わせや注文があったときはこれに勝る喜びはないが
その前段階としてまずホームページやランディングページに

「このキーワードでたどり着いて欲しいな」

と仕掛けを作っておいたキーワードに
誰かが検索でたどり着いたのがあったらOK。

 
どんなに良いホームページやランディングページを作ったとしても
お客様から見つけてもらないと
たどり着いてもらわなければ、まず意味がない

 
広告をかけても良いが
なるべくならば自然な検索でたどり着いても欲しいというもの

(できれば検索対策と広告を両方使うのが成果を早めるという意味では望ましい。ただし広告料には気をつけなければいけない)

まぁとにかく、
検索の仕掛けを施して
お客様がたどりついた
その動向はどのようなものだったか
目的を達成されたか
達成されていないならどこ改善するか

改善をするポイントは
そのキーワードが市場性があるもので
なおかつ自分と所の商品の強みと
競合から見て何が違うのか
というところがわかった上でキーワード設定を行わなければならない

 
つまり市場のリサーチ能力が必要になって来る
ビジネスを行うときに自分のやろうとしていることが
「果たしてお客様がいるのか」

を知っておく必要があります

たとえ自分のやってることが自分では素晴らしいと思っていても
そこにお客様がいなければ自己満足で終わってしまいビジネスにはならない

 

売り込まないセールス設計・行き詰まった時のビジネスクリニック
ハイブリッドマーケティング・ラボ
成約設計ウェブマスター 山崎裕之

山崎裕之のfacebook 山崎裕之のGoogle+

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る