最近動画の活用法とか 特にYouTubeの使い方とかで動画コンテンツと言うものに注目が集まりつつあるみたいっすね

貴方の会社の参謀長の山崎裕之です。
 
最近動画の活用法とか
特にYouTubeの使い方とかで動画コンテンツと言うものに注目が集まりつつあるみたいっすね。
 
(動画のアップロード先とかいろいろ。YouTube以外のも)
 
 
自分は2007年からニコニコ動画とYouTubeを活用してきましたが、
 
 
ここにきて動画の扱いやすさが格段に上がって、
自分的には便利な時代になったなぁと感じてます。
 
 
(昔はテロップを入れるにも一苦労でしたからね)
 
 
 
んで、
 
 
動画を配信していくところがおそらくYouTubeくらいしかおそらく一般的では無いかもしれませんが
 
 
 
自分のぽっと思いつくだけでも動画のアップロード先と言うのはこの辺があるかなと
 
 
YouTube
1番メジャーな動画アップロード先
Googleに買収されたためGoogleが優先的にあーだこうだしてくれ
 
ニコニコ動画
日本で2番目にユーザー数が多い動画サイト
動画の上にコメントが流れてくる
若者がめっちゃ使ってる
コメントが流れてくるのでフィードバックが受けられる
言うほど「死ね」とかは書かれない
タグで遊べる
ビジネスよりもエンターテイメントに向けた方が再生数が伸びる
なんちゃって専門家が多い
 
 
vimeo
動画ことにパスワードかけられる
なので有料コンテンツとか作るときには便利かも
 
 
 デイリーモーション
あんま使い勝手が良くない
 
 FC2動画
やばい動画の温床
 
 
 
 
上に挙げたのは割とメジャーなところのもの。
 
 
 ほかにもいろいろあるけれど、まぁいいや。
 
 
基本的にはYouTubeに動画をアップすればいいけれども、
 
その人の目的や用途によっては、
動画をアップロードするサイトを変えてみるという手もあります。
 
 
 
YouTubeでは人気が出ない動画でもニコニコ動画では人気が出たりするし。
 
ニコニコ動画でも人気がある動画でもYouTubeだとさっぱり再生数が伸びないのもある。
 
 
 
要はそこにいる人たちの見る動画のジャンルが違うので、
そこにいる人たちの好むような出し方もしくはコンテンツと言うのを考えながら動画を作成する必要がありますね。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る